Logo 妊孕性温存に関する実態調査

がん治療後に子どもを持つ可能性を残す

―思春期・若年成人がん患者に対する

がん・生殖医療に要する時間および経済的負担に関する実態調査

 

アンケートへのご協力をありがとうございます!!

下記をよくお読みいただき、アンケートにお進みください。

本アンケートのご回答をもって、アンケート調査の参加に同意したものとさせていただきます。

どうぞよろしくお願い致します。

回答期限:2017年3月31日(金)

 

1.調査の目的と内容

若年性がん患者にとって、がん治療後に子どもを持てるかどうかは懸念事項の1つです。 がん治療の影響で生殖臓器が低下したり喪失することを「妊よう性(子どもを生殖する力)の低下」と言います。現在は、がん治療の開始前に生殖補助医療を用いた妊よう性温存方法(卵子凍結・精子凍結・受精卵凍結・卵巣凍結等)が実施可能となってきました。

しかしながら、生殖補助医療を用いた妊よう性温存方法の実施には保険適応外での医療費が発生するため、患者にとって少なからず経済的負担となっていることが予想されます。また、妊孕性温存方法の実施までに必要な時間(期間)も、心理的負担となっている可能性が考えられます。

この調査では、若年性がん患者が、妊よう性温存(がん・生殖医療)に要する時間および経済的負担の実態を明らかとし、より充実したがん・生殖医療の実現に向けての示唆を得たいと考えております。また本調査を通して、がん患者を対象とした生殖補助医療に関する助成制度の確立の可能性も提言したいと考えています 。

ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2.調査の方法

この説明を読み、調査にご協力いただける場合は、WEB回答フォームにアクセスし、アンケートにご回答ください。アンケートにかかる時間は10分程度です。

 

3.調査のご協力をお願いしたい方

①がん罹患時に生殖能力を有した現在満20歳~満50歳の男女

②日本語での回答が可能な者

③本研究に同意を得られた者

 

4.参加の自由について

この調査は、みなさまの人権が守られるように慎重に検討し、研究者が代表を務める「若年性乳がんサポートコミュニティPink Ring」(以下、Pink Ring)の事務局内の会議にて、倫理的妥当性および実行可能性等について審議し、承認を得て実施しております。この調査へ回答するかどうかは自由です。たとえお断りになっても、不利益はございません。

すべての項目にご回答いただくことを希望しますが、回答したくない項目があった場合は、回答をしなくても問題ありません。回答したくない場合は、「わからない/答えたくない」または「その他」をお選びください。

 

5.アンケート参加により予想される利益と不利益

この調査がすぐに皆さまのお役に立つことはありませんが、調査結果は国内外の学会等で広く医療者や社会に届けていき、今後のがん・生殖医療に反映され皆さまのお役に立てるよう努めてまいります。

 

6. 謝礼

本調査において謝礼はございません。

 

7.この調査で健康被害が発生した場合について

この調査にご協力いただくことで、みなさまの健康を害することはございませんが、万が一この調査への参加により、お身体やご気分に不調を感じられたときは、担当医にご相談ください。なお、万が一医学的対応が必要となった場合、用いられる保険は健康保険となり、本調査における補償金は発生いたしません。

 

8.実施予定期間

この調査は結果の解析や報告を含め、2017年1月から2017年7月までに終了する予定となっております。

 

9.個人情報や調査の取り扱いについて

本調査は匿名性となっており、個人が同定されることはありません。調査内容はPink Ring事務局の施錠されたキャビネット内で管理します。またデータの集計・解析においては、データ管理会社にて行います。

この調査から得られた結果は、Pink Ringの活動報告、国内外の学術誌、および学会等で公表いたします。発表に際し個人の情報や回答内容が公開されることは一切ございません。

アンケートは、研究終了後5年間は保管した後に破棄いたします。この調査目的以外に使用することはありません。

 

10.研究組織と連絡先

この研究についてお知りになりたいことや心配なことがございましたら、下記まで御連絡下さい。

代表研究者:御舩 美絵(若年性乳がんサポートコミュニティPink Ring 代表)

共同研究者:北野 敦子(若年性乳がんサポートコミュニティPink Ring チーフメディカルアドバイザー、

国立がん研究センター中央病院乳腺・腫瘍内科)

【連絡先】Pink Ring事務局 Eメール:pinkring.su@gmail.com

 

※本研究は、公益財団法人がん研究振興財団平成28年度がんサバイバーシップ研究助成金を経て実施します。本研究に係る利益相反はありません。

 

 

アンケートの回答にかかる時間は10分程度です。

それでは、アンケートのご回答をよろしくお願いいたします。



プライバシーについての注意
このアンケートは匿名です。
あなたがお答えになったアンケートには、明示的に質問していること以上には、あなたを特定できる情報は含まれません。 このアンケートに回答するために個別のトークンを入力したとしても、このトークンはあなたの回答といっしょには保存されません。これらは別々のデータベースで管理されており、あなたがアンケートを完了したか否かという情報までしか持ちません。トークンとそれぞれの回答の対応を知る手段はありません。